カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ



   


       
        村上海賊が本拠地とした瀬戸内では、その活躍ぶりが語り継がれ、今も島々に住む人々の誇りとなっています
        海賊茶の原料でもある杜仲(とちゅう)の栽培は1987年、村上海賊の熱い想いを受け継ぐ造船マン達によって始まりました
        これまでの杜仲茶とは一線を画す甘みのある味わいが特徴で、彼らに敬意を表して「海賊茶」と呼ぶようになりました

       
        瀬戸内の潮風をたっぷりと浴びて、いざ出航 (・∀・)/

   





       海賊茶のここがすごい!


       その1.海賊茶は、カフェインフリー
   

       海賊茶は緑茶や紅茶と違い、カフェインが含まれていません。
       お年寄りやお子様にも気軽に飲めるお茶として親しまれています。
   

       ティーパックをカップに入れて、熱湯を注いで待つだけの手軽さや
       用途に応じて煮出したり、ホットでもアイスでも美味しい使い方もfreeで◎  
   





       海賊茶のここがすごい!


       その2.海賊茶は、農薬不使用

       海賊茶の原料である杜仲の木は強い生命力
       害虫にも負けない独特な木で、農薬に頼ることなく栽培することができます。
 

       まっすぐ伸びる真夏の杜仲の枝は生命力に満ちています
       春から夏に向けて深緑の肉厚な葉っぱに育ちます
   





       海賊茶のここがすごい!


       その3.海賊茶は、瀬戸内産
       海賊茶は、瀬戸内の島々で栽培しています。
       安全基準を満たした生産組合員の杜仲葉のみで作ります。
   

       毎年、潮風吹く夏の炎天下で収穫しています。
       全て手摘みで摘み取ります。丁寧にじっくり乾燥させています。
   





   


          想いのこもった杜仲は違う。。。
          子を想う親の気持ちを大切に、ほのかに甘く、飲みやすいお茶に仕上げています
          「ああ、美味しい」と笑顔が生まれますように